ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

GC-JN年次シンポジウム 「これからの企業経営におけるESG情報開示の重要性について~日本版スチューワードシップコード以降の事業会社の対応と課題~」のご案内

更新日:2014/11/04

GC-JN年次シンポジウム 「これからの企業経営におけるESG情報開示の重要性について」のご案内

GC-JNでは、2008年度以降、毎年、GC-JNの会員企業・団体を含めたあらゆる組織へのサスティナビリティーの啓発や国連グローバル・コンパクトの普及・啓発、会員拡大などを目的に、その時々の注目度の高いテーマを選定しシンポジウムを開催しています。2014年度は、テーマを「これからの企業経営におけるESG情報開示の重要性について」として、本年2月に金融庁より公表されました日本版スチュワードシップコード以降の事業会社の対応と課題について取り上げ開催いたします。

日時

2014年12月9日(火)13時30分~17時30分、交流会18時~

会場

東京ウィメンズプラザ ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67

アクセス

●JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
●東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分
●都バス(渋88系統)渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分

テーマ

「これからの企業経営におけるESG情報開示の重要性について
~日本版スチューワードシップコード以降の事業会社の対応と課題~」

プログラム

時間 プログラム
13:30~13:40 開会の挨拶
GC-JN代表理事 有馬 利男氏
13:40~14:20 基調講演
『「伊藤レポート」と「対話」の促進』
一橋大学大学院商学研究科教授 伊藤 邦雄 氏
14:20~15:00 講演
『コーポレート・ガバナンス向上に向けた取組みについて ~「日本版スチュワードシップ・コード」を中心に~』
金融庁総務企画局企画課保険企画室総括課長補佐
(前総務企画局企業開示課課長補佐) 笠原 基和 氏
15:00~15:30 講演
『統合報告によるESG情報開示の意義について~企業価値を伝える手段として~』
オムロン株式会社 執行役員 経営IR室長 安藤 聡 氏
15:30~15:45 休憩
15:45~17:00 パネルディスカッション
『ESG情報開示にどう取り組むか?~バランスのとれた情報開示に向けて~』
パネリスト:
オムロン株式会社 執行役員 経営IR室長 安藤 聡 氏
ナブテスコ株式会社 総務・人事本部 総務部長 松本 敏裕 氏
イオン株式会社 グループ環境・社会貢献部長 金丸 治子 氏
伊藤忠商事株式会社 広報部 CSR・地球環境室長 小野 博也 氏
三井住友信託銀行 経営企画部 理事・CSR担当部長 金井 司 氏

モデレーター:
株式会社大和総研 調査本部 主席研究員 河口 真理子 氏
17:00~17:10 総括コメント
GC-JN理事 後藤 敏彦氏
17:10~17:25 事務局より
GC-JN事務局長 名取
17:25~17:30 閉会の挨拶
18:00~19:30 交流会
※参加費3,000円/人

*尚、本年8月、経産省が、基調講演にご登壇いただく伊藤邦雄教授を座長として
いわゆる「伊藤レポート」をとりまとめ、公表しております。ご参考までに以下
URLをご参照ください。

参加お申込み

会場定員に達した為、受付を終了致しました。

お問い合わせ