ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

★ニューズレター2016年5月号★

更新日:2016/05/31

★GCNJからのお知らせ★

GCNJ会員数最新情報(2016年5月31日時点)

GCNJ会員数 218企業および団体(休会除く)
*新規会員: 三井倉庫エクスプレス(5/23付)
アソシエイト会員 8企業

【ご報告】プレスリリース「G7伊勢志摩サミットに向けた我が国の取り組みに関する政府への要望」

GCNJ及び日本グローバル・コンパクト・アカデミック・ネットワーク(J-GCAN)は民間の立場から、持続可能な社会の実現に向けた日本の取り組みを強化し、G7サミットの成果を高めるための施策の実現を政府に提言しました。(5/11にG7伊勢志摩サミットシェルパを通じて提案済)

【ご報告】日本グローバル・コンパクト・アカデミック・ネットワーク(J-GCAN)ウェブサイト公開

この度、日本グローバル・コンパクト・アカデミック・ネットワーク(J-GCAN)のウェブサイトを開設いたしました。

【ご報告】GC本部Melissa Powell氏とのディスカッションセッション開催(5月12日)

5月12日にG7富山環境大臣会合への出席のために来日したGC本部Melissa Powell氏(Chief of Staff)とGCNJ会員とのディスカッションセッションを開催いたしました。SDGsに関わる戦略等について、GCO幹部から直接聞く貴重な機会となった他、質疑応答のセッションでは会員の皆様との活発な意見交換がなされました。

【ご報告】PRIジャパンとのパートナーシップ締結記念セミナー開催(5月13日)

5月13日に上智大学さんの会議室をお借りして2016年3月にGCNJとPRI日本ネットワークがパートナーシップ契約を締結したことを記念した「PRI紹介セミナー」を開催いたしました。セミナーでは、PRIの概要やその活動、署名団体の取り組みなどをご紹介いただきました。セミナー参加者からのアンケートにはPRIの活動が包括的に分かって良かったという意見をいただいた半面、登壇された方の用語が分かりづらかったなどのご意見もいただきました。GCNJのSRI/ESG分科会でも「投資家からの財務情報だけでなくESG情報を含めたエンゲージメントを今後行うためにはCSR部門とIR部門との連携が必要だがお互いの専門用語が分からないためなかなか進まない」といった議論がなされており、相互の領域の勉強の必要性を感じる声も上がっています。引き続き課題解決に繋がる企画をPRI日本ネットワークとともに検討していきます。

★国連GCの最近の動き★

世界の会員数最新情報(2016年4月30日時点)

・Business sector 8,693(新規137社)
・Non-Business sector 5,099(新規52団体)

国連グローバルコンパクトが人材を募集中

国連グローバルコンパクトは新たに「ファンドレージングとパートナーシップ」を担当する責任者を募集します。

著者:(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 事務局
編集:(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 事務局
【お問合せ先】
(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
TEL:03-5412-7235 FAX:03-5412-5931 Email:gcjnoffice@ungcjn.net
©2016 Global Compact Network Japan all rights reserved.