ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

(社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク、同志社大学共催

更新日:2012/05/15

人権に関するオープンカンファレンスのご案内

企業がサプライチェーン全体のマネジメントにおいて、人権に対し注意を払うべき度合いが増大する中で、昨今国連を中心に人権に関する対応がより一層重視されてきております。このような中、UNGC人権ワーキンググループのリーダーであるピェール・サネ氏が特別招聘客員教授としてGC-JN会員団体である同志社大学に来日されました機会をとらえ、企業の役職者・担当者、大学の教員・研究員・学生に対し、「企業と人権」に関する最新動向を踏まえた学習と対話を目的とするカンファレンスを開催することになりました。
サプライチェーンマネジメントにおける人権に関する対応についてより深く理解をしてゆきたいという企業・団体には貴重な機会です。奮ってご参加ください。

開催概要

2012年6月4日(月) 13:00-17:00 :オープンカンファレンス (終了後 レセプション)

オープンコンファレンス

  • 日時: 2012年6月4日(月) 13:00-17:00 (12:30分受付開始、終了後レセプション)
  • 場所: 同志社大学今出川キャンパス クラーク記念館2F クラーク・チャベル
    [住所]: 京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601
    最寄駅 地下鉄「今出川駅」徒歩1分
  • 主催: (社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク 、同志社大学
  • 定員: 約100 名(事前申し込み制)
  • 言語: 英語(日英同時通訳)、日本語

プログラム

13:00-13:10 冒頭挨拶
グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク 代表理事 有馬 利男氏
同志社大学 副学長 龍城 正明氏
13:10-15:50 講演及び企業事例紹介
・「グローバルサプライチェーンマネジメントにおける人権」
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科 特別招聘客員教授
ピエール・サネ氏
・「企業のグローバル展開におけるイスラームとの共生」
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ 研究科長・教授
内藤 正典氏
・「企業は人権にどう関わるのか?-新しい枠組み」
アジア・太平洋人権情報センター 所長
白石 理氏
・企業事例紹介(1~2社予定)
15:50-16:00 休憩
16:00-17:00 意見交換会(質疑応答等)
(モデレーター)同志社大学 大学院グローバル・スタディーズ 研究科・教授
峯 陽一氏
17:30-20:30 レセプション
・場所:同志社大学今出川キャンパス 寒梅館7F セカンドハウス ウィル
・会費@3000円(大学生@1000円)