ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

日中韓ラウンドテーブル(上海)

更新日:2010/08/01

日中韓ラウンドテーブル会議(2010年8月2-3日、中国上海市)日中韓ラウンドテーブル会議が、2010年8月2-3日(月・火)、上海市内および上海万博会場のGCパビリオン内において開催されました。

GC-JNの会員企業からは、現地法人を含めて、21名、アカデミアを含めると26名が参加しました。企業、アカデミアを含めて、中国からは51名、韓国からは25名が参加し、日中韓共同サーベイの報告、研究者報告、グリーン・ディベロップメント及びCSRサプライチェーンマネジメントをテーマに日中韓より各1社が報告し、専門家のコメント、活発な質疑応答が繰り広げられました。

日中韓ラウンドテーブルの経緯は、GC韓国ネットワークのイニシアチブにより、2009年11月12-13日ソウルにて第1回GC日中韓ラウンドテーブル会議が開催され、国連、企業、研究機関など多様なステークホルダーが集まり、日中韓各国および東アジアのCSRの方向性を議論しあう初めての会合となりました。

ラウンドテーブル会議は、日中韓持ち回りで毎年開催することになっており、2010年の中国(上海)に引き続き、2011年は日本で開催することになっています。