グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

会員数:企業・団体

ニュース 2020年

【国連グローバル・コンパクト】Monthly Bulletin 和訳版 11月号発行のお知らせ

更新日:

国連グローバル・コンパクトは会員を含む希望者に向け、毎月Monthly Bulletinを発信しています。GCNJでは、国際潮流を発信する活動の一環として、和訳版(PDF版)の発信を開始いたしました。内容は、ニュース、トピックス、国連グローバル・コンパクト全体の動き(会員数など)のほか、国連グローバル・コンパクトが主催するイニシアチブやキープロジェクトの進捗報告、イベントの予定などです。ぜひご一読ください。

UN Global Compact Monthly Bulletin 日本語版 11月号ダイジェスト

【国連グローバル・コンパクトからのお知らせ】

人権デュー・ディリジェンスの義務づけへの支持

国連グローバル・コンパクトは、第9回国連ビジネスと人権年次フォーラムで、人権デュー・ディリジェンスの義務づけに対する強い支持を表明しました。サンダ・オジャンボ事務局長は「あらゆる人の福祉と尊厳を守るためには、全世界の事業活動とバリューチェーンで人権侵害を予防しなければなりません」と語っています。

【新着情報】

国連グローバル・コンパクトと国連児童基金(UNICEF)、家族に優しい職場づくりを提唱

国連児童基金(UNICEF)と国連グローバル・コンパクトは「家族に優しい職場:グローバル・サプライチェーンでディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を進めるための方針と実践」を発表しました。

アクション・プラットフォーム参加企業向け健全性基準

国連グローバル・コンパクトのアクション・プラットフォームが果たす中心的な役割と、これらグループによる作業の結果として派生するプログラム型イニシアティブに鑑み、国連グローバル・コンパクトは2021年1月の時点で、新たな企業をアクション・プラットフォームに迎える前提として、基本的なデュー・ディリジェンス審査を行うことになりました。

メディア活動

サンダ・オジャンボ国連グローバル・コンパクトCEO兼事務局長は今月、大手メディアとの記者会見に何度か臨み、国連グローバル・コンパクトのミッションについて論じました。

12月の予定

国連グローバル・コンパクトは12月、ハイレベルのバーチャル・イベントを多く予定しています。その皮切りとして、12月3日には「グローバル・ゴールズをローカル・ビジネスに-アフリカ」が開催されます。これに続いてCaring for Climate ハイレベル会合と「WOMENpreneurs:スタートアップからスターへ」が行われます。また、12月9日の「国際腐敗防止デー」と12月10日の「人権デー」も記念します。

【世界の主な動き】

オーストラリア、先住民の権利を擁護

グローバル・コンパクト・ネットワーク・オーストラリアとKPMG Australia、シドニー工科大学は11月16日、「オーストラリア企業向け先住民族の権利に関する国連宣言履行の手引き(Australian Business Guide to Implementing the UN Declaration on the Rights of Indigenous Peoples)」を発表しました。

詳しい内容はこちらからご覧いただけます 外部リンク